皮膚科

トパーズ犬猫クリニック
トパーズ犬猫クリニックのイメージ
住所
伊丹市南本町2丁目1-6
ベクエムハウゼ103
診療時間
AM 9:00~12:00
PM 3:00~7:00
※日・祝も通常通り診療しております。
※往診にも対応いたしますのでご相談
 ください。
休診日
毎週木曜日
ご来院時の急な出費でもクレジットカードが使えるから安心です♪
どうぶつ健康保険は2社が窓口精算可能です!
  • アニコム損害保険株式会社
  • アイペット損害保険株式会社

皮膚病について

ワンちゃん猫ちゃんの皮膚は、実は人間よりもデリケートです。
「皮膚病」と一言でいいますが、それには様々な種類があり治療も各々異なります。
皮膚病はあっという間に悪化してしまうことが多く、悪化すればそれだけ治るのに時間がかかります。
皮膚の異常を少しでも感じたら、早めに診察を受けられることをお勧めします。

皮膚病の種類

皮膚病の種類画像

アレルギー性皮膚炎

ワンちゃん猫ちゃんに多いアレルギーは以下の3つです。

1犬アトピー性皮膚炎
花粉やダニなどの環境アレルゲンが関与した、特徴的な症状と痒みを伴う皮膚炎です。
2食物アレルギー
食物中のタンパク質に対するアレルギーです。皮膚炎だけでなく、消化器などに症状が出ることもあります。
3ノミアレルギー
ノミの唾液に対するアレルギーにより発症します。

感染性皮膚炎

様々な病原体が皮膚に感染することにより起こる皮膚炎です。

1細菌性皮膚炎
常在菌である黄色ブドウ球菌が原因となることが多いですが、その他の細菌による皮膚炎もあります。
2マラセチア性皮膚炎
マラセチアという酵母菌によって引き起こされる、ベタベタした脂っぽい皮膚炎が特徴です。
アレルギーが関与しているとも言われています。
3皮膚糸状菌症
皮膚糸状菌という真菌が皮膚に感染することで発症します。
人間にも容易に感染するため注意が必要です。
4毛包虫症
ニキビダニという寄生虫が原因となる皮膚炎です。ニキビダニは正常な犬猫の皮膚に存在し通常は無害ですが、体力・免疫力の低下、基礎疾患の存在などにより発症すると考えられています。
5疥癬
ヒゼンダニが皮膚の角質層に寄生して起こる感染症で、激しい痒みが特徴です。

その他

ホルモン異常、自己免疫疾患、腫瘍など、他にも様々な原因が存在します。

goTop