ペットの豆知識

トパーズ犬猫クリニック
トパーズ犬猫クリニックのイメージ
住所
伊丹市南本町2丁目1-6
ベクエムハウゼ103
診療時間
AM 9:00~12:00
PM 3:00~7:00
※日・祝も通常通り診療しております。
※往診にも対応いたしますのでご相談
 ください。
休診日
毎週木曜日
ご来院時の急な出費でもクレジットカードが使えるから安心です♪
どうぶつ健康保険は2社が窓口精算可能です!
  • アニコム損害保険株式会社
  • アイペット損害保険株式会社
  • ラインバナー
  • ご登録いただくと、休診日のお知らせやキャンペーン情報など、病院からの最新情報をお届けいたします。継続のフードやお薬のご注文にもお使いいただけます。
    ※当院の患者様限定のサービスです。

  • インスタバナー
  •   
 

無麻酔での歯石除去をしない理由

ただいま準備中です。

歯みがきは子犬・子猫のうちから!

近年はペットのデンタルケアに関する情報や製品が増えたこともあり、飼主様の方から「歯みがきはした方がいいですか?」などのご質問をいただくことが増えました。                 答えはもちろんYESです。様々なデンタルケア製品が売られている現在でも、歯みがきに勝るケアは未だに存在していません。                               歯みがきをした方が良いことは分かっていて、ショップに行けば様々なタイプの歯ブラシも売っている。しかし「歯みがきができないんです…」という飼主様がとても多いのは、歯みがき最大の難点「ペットが嫌がる」という大きな壁があるからです。(ちなみに次点は「めんどくさい」です。)                                                                                        歯みがきというのは、ペットにとっては「硬い毛の生えた謎の物体が口の中に入ってきてゴシゴシこすられる」という極めて不快な行為です。「これをしたらお口の中が健康になるんだ!よーしやるぞ!」などとは全く思ってくれません。嫌がって当たり前なのです。                                                                                        歯みがき習慣を成功させるためには、「ペットにとって嫌なものである歯みがきを、なるべく嫌なものだと思わせないように慣らす」必要があります。 そのために大切なのが以下の3点です。 ① まだ乳歯の子犬・子猫のうちから「口の中に触れる」ケアを始める ② いきなり歯ブラシを使わない ③ 嫌がる前にやめる(嫌がっているのに無理やり続けない) 「で、できてない…」と思われた飼主様もいらっしゃるのではないでしょうか。 実際、病院で歯みがきのご相談をされる飼主様の大半が①~③を行えていません。 では、まず①から解説していきたいと思います! 【まだ乳歯の子犬・子猫のうちから「口の中に触れる」ケアを始める】 「歯みがきはまだ乳歯のうちから、極端な話をすると子犬ちゃんをお家に迎えて、新しい生活に慣れてきたら早速始めましょう」というお話をすると、たいてい「えっ?(早い!)」と驚かれます。 「乳歯はすぐ抜けてしまうのに、歯みがきが必要なんですか?」というご質問もよくいただきます。 確かに、ワンちゃん猫ちゃんの乳歯は半年程度で抜けてしまいます。それなら頑張って歯みがきしなくてもいいんじゃないかな~…と思われるのも当然かもしれません。 実は、この時期から歯みがきを開始する一番の目的は「乳歯をケアする」ためではなく、「歯みがきという行為にペットを慣らす」ことにあります。 人間の場合はどうでしょうか。 赤ちゃんの頃、初めての乳歯が生えてきたタイミングで歯みがきを開始します。しかしこの頃はまだ虫歯の原因とされる類の食べ物はまだ口にしておらず、まず虫歯にはならないとされています。 それなのに歯みがきを始めるのはなぜか?…そう、「歯みがきに慣らすため」です。 ワンちゃんのしつけで重要な「社会化期」という時期があります。生後3~14週の頃を指しますが、この頃に子犬は周囲の環境に慣れ、様々な物事を学び吸収していきます(猫ちゃんはしつけが難しい動物ですが、社会化期の役割は同じです)。性格にも左右されるため全ての個体がそうだとは言えないのですが、基本的にはこの時期に「嫌な思いをせずに」体験したもの後とは、抵抗なく受け入れてその後も継続していくことができます。 しかし、社会化期を過ぎてしまうと物事に対して慎重になり、受け入れるのに時間がかかったり、受け入れそのものが困難になるケースも多くなります。 ワンちゃんの場合ペットショップで購入されることが多いため、ご自宅にワンちゃんを迎えた段階で生後3ヶ月というケースが一般的です、生後3ヶ月…社会化期がもう終わりかけています。 そのため、おうちに来てペットが環境に十分に慣れたら(環境に慣れるまでは、更にストレスを加えてしまう可能性があるためお勧めしません)お口のケアを始めていきましょう。 具体的な歯みがきの仕方は次回お話しします!

goTop